考えてみよう!介護士って本当にお給料が低いのか

介護士は誰でもなれる

介護士は今、慢性的な人不足で、何処の求人情報を見ても年中募集をしているという現状があります。保育士も足りてはいませんが、介護士も負けてはいません。そんな介護士は、誰にでもなる事が出来るというメリットがあります。おじいちゃんやおばあちゃんと話をする事に抵抗が無くて、ある程度のコミュニケーション能力さえ持っていれば、かなりの確率で採用される事でしょう。あとは、かなり重労働が多いので、体力に自信がある人も期待されます。

働きながら資格を取得してお給料アップ

介護職は、資格が無くても働きながら資格取得をする事が出来ます。一般的に介護職のお給料は低いと言われていますが、介護士を3年間勤めて、国家資格である介護福祉士を取得すれば、施設内で介護士をまとめることが出来るリーダー職に就くことが出来ます。このように、同じ介護士として働くとしても、どの資格を目指すかによって、お給料にも差が出てくるんです。少しでもお給料アップを目指すのであれば、是非上の資格を目指すようにしましょう。

派遣社員として働けば高時給が望める

正社員以外にも、既に介護士としての資格を取得しているのであれば、派遣社員として働くという方法もあります。派遣社員ですので、時給制ではありますが、残業をした分はしっかりと請求する事が出来ますので、正社員よりも良いという考え方もあります。また、その逆の考え方で、しっかりと定時になったら帰りたいという人にも大変おすすめです。実際に介護士としての経験があれば、時給をプラスしてくれる可能性もありますので、是非お給料アップさせたいという人は、派遣社員として働いても良いでしょう。

介護の求人は、現在多くのところにあります。なぜなら、介護を必要とする老人が増加したためであり、外国人労働者などがその即戦力として求められています。